topics

自分なりの「乗り越え」パターン

みなさん こんにちは。三陽ホーミングの姥です。

先日、LIXILメンバーズ通信を読んでいたら、

こんなタイトルが目に留まりました。

人は13歳頃までに自分なりの「乗り越えパターン」を身につける

子育て中の私は興味深々。

抜粋しながらいうと、こんなことが書かれていました。

 

【パターンA】

例えば、公園で遊んでいたA君(5歳)が、走って転倒したとします。

Aくんは、泣きたいのを我慢して一人で立ち上がり、

お母さんは「A君よく我慢したね。えらいね」とほめる。

「我慢して一人で立つ」という乗り越えパターンを身につけて、

大人になったAくんは、仕事上の難題に直面したとき、

「ぐっと一人で頑張って、ひとりですっと立とう」とします。

その一方で先輩から「仕事遅くなるから一人で抱えずにヘルプを頼め!」

と指摘されても、Aくんはヘルプを言い出せません。

なぜならAくんは一人で我慢してしまうパターンで生きてきたから。

【パターンB】

Bちゃん(5歳)の場合、公園で転んだとき、

お母さんは「大丈夫?痛いのここ?立てる?」といって抱きしめてくれました。

大人になったBちゃんは、仕事で追い込まれるとポロポロ涙をこぼします。

「泣けば誰かが助けてくれる」という乗り越えパターンを身につけているから。

 

他にも自分で判断できずになんでも人任せパターンとか。

人は成長過程において、その時々の環境を生き抜いていくために、

困難へ対処パターンを身につけていくそうです。

 

私はどうやって育ててたかな…

こけても見て見ぬふりしてる間に、立ち上がってたような…

どんな大人になるのやら…

catalog

about us

奈良、生駒を中心に活動する私達は、お客様のニーズに合わせたリフォームをご提案していく事を第一に満足頂けるようコミニュケーションを大事にし、ご予算、デザイン、使い心地を考えポイントリフォームから全面リフォームまで当社は施工させて頂いております。

〒630-0213 奈良県生駒市東生駒1-535
TEL.0743-72-2080 FAX.0743-73-1338
more

access

営業時間 AM10:00からPM18:00
休日 第2第4 水曜日・日曜日
Google Mapで確認